きれいな足先

美容にこだわっている人でも、見落としがちな部分となるのが自分自身の指の関節ではないでしょうか。

 

特に足の指となれば、なかなか見る機会は多くありません。しかし夏場ならばペディキュアを塗っておしゃれな足元にするという人も多いです。いざペディキュアを塗ろうと足の指を見た時に、黒ずみに気づいてショックを受けることもあるのではないでしょうか。


足の指の関節が黒ずむ原因は日々の生活のダメージによる色素沈着

これはもしかして病気?!と不安に思うかもしれません。

 

しかし、大半の場合は黒ずみは日々の生活によるダメージから生まれています。

 

  • 足のサイズに合っていない靴
  • 摩擦による色素沈着
  • 正座による足への負担

 

黒ずみの原因としては、足のサイズにあっていない窮屈なものを履いていることが原因となっていることが大半です。

 

近年では、素足にハイヒールを履いたりするファッションも多くなっており、ダイレクトに指の関節に摩擦が生まれてしまい、それを繰り返すことで色素沈着を起こしてしまい黒くなってしまいます。

 

スニーカーやブーツなど、関節が黒くなっていることが見えない靴を履いている時には他人の目は気になりませんが、夏場にサンダルを履いた時にはどうしても見えてしまうことになります。

 

また、足のサイズにあっていない靴を履いたり、ハイヒールを素足で履くなど足の指の関節に負担となる履物は黒ずみの原因として大きな要素となってしまっています。

 

それだけではなく、正座をすることによる負担も大きくなっています。どうしても正座をしなくてはならないシーンという場合以外は正座はしないようにしましょう。

 

そしてUVケアも重要です。サンダルを履く時には足の指先まできちんと日焼け止めを塗るようにしておきましょう。

足の指の黒ずみに最適のケアは美白クリームでの保湿

可愛いサンダルやおしゃれなペディキュアをしていても、黒ずみがあるとそれだけで台無しになってしまいます。

 

不潔に見えるので、黒ずみは無くすように努力しておく必要があります。すでに黒ずんでしまっているという人も多いですが、黒ずみは日々のケアの積み重ねで撮ることができるので諦めてはいけません。

 

美白クリームを使った保湿とマッサージ

 

ケアの方法として最も効果的となるのが、しっかりと保湿をすることです。

 

まずは化粧水をつけ、その後保湿クリームなや美白クリームなどを塗って優しくマッサージするようにしましょう。足は心臓から最も遠い部位ということもあり、血流も悪くなってしまいがちです。

 

冷え性という人は、まず冷え性を改善させるようにすると黒ずみも同時に改善させることができるということも頭に置いておくべきです。足はもちろん、手の場合でも黒ずみは対策とケア次第で防ぐことができる悩みということは間違いありません。

 

日頃の生活で心がけること

 

美しい足を手に入れるためにも、日頃から対策とケアをしっかりとしておくことが必要となってきます。

 

自分の足にあった靴を履くというのはもちろんなこと、毎日のようにヒールの高いものを履かないようにすることも大切です。

 

素足ではなく、ストッキングを着用してから履くようにしたり、関節部分にあらかじめ絆創膏を貼っておくというのも黒ずみ対策の一つです。靴以外にも問題があることもあります。

 

それは、硬い床の上に直接座るという生活をしている人です。関節部分が直接当たることになり、それが毎日のことになれば色素沈着をおこすのは当然のことではないでしょうか。

 

座布団やクッションを弾いたり、直接座らないように工夫して生活するようにしましょう。すでに黒ずんでいても、靴や座る場所を改善させることにより、黒ずみは徐々に元に戻っていきます。

 

少しでも早く黒ずみを取りたいという場合には、保湿もしっかりとしておきましょう。

 

乾燥は黒ずみの原因となってしまうので、保湿効果のあるクリームを使ってケアしていくことで、サンダルを綺麗に履きこなせる足を手にすることができます。